Kerumunan Massa Rizeq Shihab
yang Berbuntut Pencopotan 2 Kapolda
dan Pemanggilan Anies

オンラインメディア「コンパス」が伝えました!


国家警察長官(Pol)Idham Azis氏は、

Covid-19健康プロトコルの施行に怠慢であると見なされたため、

メトロジャヤ地域警察長官であるNana Sudjana検査官

WestJava地域警察主任検査官Rudy Sufahriadiを解任した。

「健康プロトコルを施行するための命令を実行していない」と、月曜日(2020年11月16日)、南ジャカルタのバレスクリムビルの「アルゴ・ユウォノ」検査官、国家警察の広報部長が言った。

この人事移動は、2020年11月16日付けの警察署長の電報番号ST / 3222 /XI/KEP/2020に含まれています。

一方、ルディは国立警察教育訓練研究所のセスピムレベルI講師として異動しました。

西ジャワ警察署長の地位は、現在警察署長補佐を務めているアフマド・ドフィリ検査官に代わります。

さらに、

手紙の中で、中央ジャカルタメトロ警察署長のコンベスヘルノビアントと
ボゴール警察署長のAKBPローランドロナウディも異動しました。


<コメント>

今回は、どう見ても不思議なので考えてみます。

「ゼクシハブ氏」は、インドネシアのイスラム主義学者であり、イスラム主義グループ(Islamic DefendersFront)の創設者でありリーダー。彼はインドネシアで刑事告発に直面し、2017年から2020年11月までサウジアラビアのリヤドに住んでいました。 ウィキペディアより

<不思議>

彼は、上記のようにセクシャルハラスメントの問題で、起訴される前に、サウジアラビアに出国できた事。

容疑者のはずだが、警察側からの動きは全くないままに、突然インネシアへ帰国する。さらに彼の支援者は、彼が帰国する事を歓迎するために、道が封鎖される状態を作ったり、マスクをあまりせずに、現在国内で引かれている「PBBS」を無視するような行動を取った。大衆が集まるのであれば、最寄りの警察に申し出て、警察が行動をモニターして、トラブルが起こらないようににコントロールしなければ、ならなかったが、今回上手く機能しなかった。

ここでは言えない事もあるので、ご興味がある方は、是非メルマガ会員になってき、お読みください。こちらからどうぞ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。