PT Marubeni Tawarkan Kerja Sama
Manfaatkan Minyak Jelantah Jadi Bahan Bakar

オンラインメディア「アンタラニュース」がボゴール政府の発表を掲載


ボゴール市政府は、使用済み廃油処理の利用に関して、PTマルベニ・インドネシアから再び協力の申し出を受けました。

日本の会社は、バイオディーゼル生産のための使用済み調理油の使用が他の地域のパイロットプロジェクトになる可能性があると楽観視しています。

この廃棄物を利用するという申し出は、金曜日(2020年10月16日)、ボゴール市庁舎のパセバンナラヤナルームでボゴール副市長の「Dedie ARachim」氏によって歓迎されました。

デディ氏によれば、

適切な廃棄物処理を行うことにより、それは確かに良い生態系を作り出すでしょう。

以前、ボゴール市は使用済み調理油からの廃棄物を燃料として使用した経験があると彼は述べた。 しかし、当時は使用済み調理油の供給が妨げられ、需要と供給のバランスが崩れていました。

しかし、弱点は管理プロセスの継続性であり、これは政府だけが実行することは不可能だと私は考えています。したがって、基本的な材料がB3廃棄物(※)として使用されているにもかかわらず、これは生産プロセスサイクルであることを意味します」
と述べています。

B3廃棄物:

バーゼル条約を批准したことを受けて、1994 年に有害廃棄物の管理に関する政令が定められた。この政令が対象としている廃棄物は危険、有害、有毒のおそれのある「有害廃棄物」(危険、有害、有毒を表す三つのインドネシア語の頭文字をとって通常、B3 廃棄物と呼ばれている)で、これによって初めて産業廃棄物に対する規制が実施されることとなった。政令では、有害廃棄物の環境中への直接廃棄を禁止、有害廃棄物の処理や管理、収集や輸送などを規定している。

https://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/data/oversea/index03_7.html

経済産業省ホームページより

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。