Jokowi assures ‘absolutely no’ political,
economic interests in COVID-19 vaccine

オンラインメディア「ジャカルタポスト」が報じています!


ジョコウィドド大統領は、彼の政権が政治的および経済的利益のためにCOVID-19ワクチンの計画された調達と配布を使用しないことを保証しました。

 「政治的な理由は絶対にありません。 経済的利益もありません」と大統領は月曜日のコンパスTVとの特別インタビューの中で述べました。 「何らかの問題で予防接種が中止されたブラジルで何が起こったのか、私は望んでいない」とジョコウィは付け加えた。

中国の製薬会社「Sinovac Biotech」が製造した潜在的なワクチンの使用を拒否したブラジルのジャイール・ボルソナロ大統領による別の声明に続いて、
ワクチンの開発と流通の政治化の可能性に対する国民の懸念が浮上した。

ボルソナロ氏は、中国製ワクチンの臨床試験を公に支持した
同国のサンパウロ州知事のジョアン・ドリア氏との政治的対立に巻き込まれている間、
「ブラジル人は誰のモルモットにもならない」と述べ、試験を中断したとAFPは報じた

一方、インドネシアは、西ジャワ州バンドンにある国営製薬会社Bio Farmaと共同で、1,620人のボランティアを対象にSinovacワクチンの後期試験を実施しています。

政治専門家は、ブラジルのようにCOVID-19ワクチン接種の賛否両論をめぐって争うことを避け、代わりに公衆衛生を優先するよう政府に促しました。

政治オブザーバーの「PangiSyarwi Chaniago」氏は以前、政府はワクチン生産に焦点を当てる必要があると地元メディアに語り、Sinovacワクチンの国内臨床試験の成功は政府に対する国民の信頼を高めるだけだと指摘した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。