Gaikindo projects car sales to remain slow next year,
expects gradual recovery

オンラインメディア「ジャカルタポスト」が伝えています!


ガイキンドは来年も自動車販売が低迷すると予測しており、徐々に回復すると見込んでいる

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)は、COVID-19が依然として自動車産業に影響を及ぼしているため、景気回復には時間がかかると予想されるため、来年の国内自動車販売はパンデミック前のレベルにとどまると予測しています。

ガイキンドは2021年の国内車販売台数を80万台と予測しており、昨年の卸売販売台数103万台を下回っている。 「経済がパンデミック前のレベルに戻るには約2年かかると私たちは考えています。

したがって、国内販売は2021年までに80万台に達すると予測しています」とGaikindoのYohannes Nangoi会長は水曜日、BNI AssetManagementが開催したウェビナーで述べました。

この予測は、協会が今年の国内自動車販売予測を以前の60万台から525,000台に2度目の変更をしたことから来ました。

改訂はまた、10月の圧倒的な自動車販売台数約49,000台、1ヶ月にわずか1%の成長、昨年の約半分の約96,100台。

10月の結果は、9月の自動車販売台数が30.4%増加して約48,500台に急増したこととも対照的です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。