No emergency vaccine approval
this year in Indonesia, says BPOM

オンラインメディア「ジャカルタポスト」が伝えています!


インドネシアは、ジョコウィドド大統領が症例の増加と健康プロトコル違反の蔓延の中で、取り組みを迅速に進めるよう求めているにもかかわらず、有効性の懸念から今年提案された集団予防接種プログラムを開始できない可能性があります。

インドネシア食品医薬品監視庁(BPOM)は、その有効性に関するデータが不足しているため、12月にCOVID-19候補ワクチンの緊急使用を許可しないと述べました。

しかし、当局は「思いやりのある使用」条項を通じて代替の制限付きワクチン接種プログラムを提供しており、その有効性が証明されていない潜在的なワクチンは限られた能力で使用される可能性があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。