Jubir Wapres: Ma’ruf Amin Tak Masalah Bertemu Rizieq Shihab

オンラインメディア「テンポ」が伝えます!


ジャカルタ-副大統領のスポークスマン「マスドゥキ・バイドロウィ」Masduki Baidlowi氏は、Ma’ruf Amin「マルフ・アミン」 副大統領は、イスラム擁護者戦線(FPI)のリーダーである「シハブ・リジエック氏」との会談を希望する多くの政党からの提案を受け入れると述べた。

「シハブ・リジエック」氏に会うのは問題はない。副大統領は大歓迎だと「マスドゥキ氏」は2020年11月20日金曜日の仮想メディア会議で語った。

多くの政治オブザーバーは、副大統領「マルフ・アミン」と「リジエック氏」の会談は、「リジエック氏」が帰国してから引き起こした群衆のために起こった緊張した状況を和解させることができると評価した。

「健康プロトコルを順守することへの私たちの従順な気持ちは、この危機から抜け出すための鍵です。もちろん、彼らが会うならば、それは「副大統領」と「リジエック氏」の間の議論の問題になるでしょう」とスポークスマンは言いました。

彼は、「リジエック氏」との会談は多くの関係者からの提案であり、副大統領からのイニシアチブではないことを強調しました。

「しかし、聖職者としての副大統領は、コミュニティの混乱に関連するすべてのことを解決する方法に十分な注意を払っていると思います。将来的に悪いことを引き起こさないように、興奮を埋める必要があります」と彼は言いました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。