Taiwan Bantah Anggap Indonesia Sengaja Kirim TKI Positif Covid-19

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
Sabtu, 21 November 2020 10:32 WIB


ジャカルタ-台湾 駐在員事務所(Taipei Economic and Trade Office / TETO 台湾経済貿易局)は、Covid-19の検査で陽性となった移民労働者をインドネシアが故意に派遣したと自国「台湾」が見なしていることを否定しました。 これは、インドネシア移民労働者保護庁の長であるベニーラムダニ氏の声明に応えて伝えられました。

TETOは、2020年10月18日から2020年11月18日までにCovid-19の入国の際の感染症例が70件あったと説明しました。 そのうち28件がインドネシア移民労働者(PMI)でした。 「比率は高いものの、台湾政府(R.O.C)は、インドネシアがCovid-19に感染したPMIを故意に送信することを検討したことは一度もない」と2020年11月21日土曜日に公式声明を書いた。

TETOによると、台湾政府とインドネシア政府は、コロナウイルスの大流行がインドネシアと台湾の関係に影響を与えるのを防ぐために協力しています。

TETOは、2020年11月18日、台湾政府が「秋冬特別疫病予防策」を発表したと説明した。これには、2020年12月1日から2021年2月28日までに台湾に入るすべての人が過去3日以内に陰性のPCRレポートを提示する必要があります。

この方針は流行防止対策を強化するために必要であり、インドネシア国民だけでなく、国内外のすべての訪問者に適用されると述べた。

以前、インドネシア移民労働者保護庁(BP2MI)の責任者であるベニー氏は、台湾に到着したときにCovid-19が陽性であった27人のPMIがいたと述べました。それらは、タンジェランのPT Graha Ayu Karsaからの2つを含む、5つのインドネシア移民労働者配置会社(P3MI)によってもたらされました。

ベニー氏は、政府はこの事件の発生を望んでいないと述べ、

「台湾政府はインドネシア側がCovid-19に感染したインドネシア移民労働者PMIを故意に派遣したとみなしている。これがインドネシアと台湾の関係を混乱させる恐れがある」と彼は言った。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。