PSBB Transisi Berakhir Hari Ini,
Jakarta Catat Penambahan Kasus Positif Covid-19 Tertinggi

オンラインメディア「コンパス」が伝えています!
Kompas.com – 22/11/2020, 09:59 WIB


DKI Jakartaでの毎日のCovid-19症例は、先日の土曜日(7/11/2020)に1,579件増加しました。 増加は、最初の症例が2020年3月3日の首都で報告されて以来、最高記録でした。以前Covid-19の陽性症例が最も高かったのは、厳密なPSBB実施の3日目、つまり2020年9月16日でした。 コロナウイルス2型(SARS-CoV-2)。

一方、土曜日の1,579件の新規症例のうち1,198件は、同日のPCR検査の結果でした。

一方、他の381例は、2つの標本検査エボ、すなわち1つの保健省管轄病院のラボと1つのTNI病院ラボによって最近報告された累積データでした。

日毎のCovid-19感染の最大増加は、今日の移行期間における大規模な社会的制限(PSBB)の終了日とも一致します。

今回の移行PSBBは、以前に4週間施行され、2週間延長された後、2回目の延長であることに注意してください。

このPSBB延長期間中、2020年11月10日に中央ジャカルタのペタンブランにFPIリーダーの「リジエックシハブ氏」が到着したことを歓迎し、2020年11月14日にリジエックの娘の結婚式に出席するなど、多くの人が集まりました。

<関連記事>

国家警察はジャカルタ州知事を召喚し、
「シハブ」氏の娘の結婚式で犯罪要素を調査

<コメント>

この記事を書いている記者も、私どもが気にしていた、長期休暇やイスラム宗教家が催すような多数の人が集まる集会に、注意するよう伝えています。

インドネシア在住日本人もこれからは、このような論理的な考え方を持ちながら、インドネシア国を見ていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。