Jakarta PSBB Transisi, Perilaku 3M Menurun

オンラインメディア「ビジネスドットコム」が伝えています!


Bisnis.com、JAKARTA-DKIジャカルタ知事のAnies Baswedan氏は、ジャカルタ住民の間での3Mの実施は停滞または減少していると述べた。

インドネシア大学公衆衛生学部(FKM UI)の観察によると、3M(マスクの着用、距離の維持、手を洗う)に対する一般のコンプライアンス(法令遵守)は、すべての指標で過去1週間で停滞または減少しています。

アニー氏によると、2020年11月21日の時点で、FKMUIによって詳細に記録されたコミュニティ・コンプライアンス・レベルデータは次のとおりです。

  • マスクの着用は65%の範囲
  • 距離を60%の範囲内に保つ
  • 手を洗うことは30パーセントの範囲

以前は、3Mのすべての行動指標は、昨年10月末以降、毎週と比較して大幅に減少していました。

  • マスクの着用は、75%(19/10)、70%(26/10)、60%(2/11)、65%(9/11)、および70%(16/11)
  • 距離を70%(19/10)、65%(26/10)、55%(2/11)、55%(9/11)、60%(16/11)
  • 手洗いは40%(19/10)、30%(26/10)、30%(2/11)、35%(9/11)、40%(16/11)

Covid-19の潜在的な感染を制御できるようにするには、3Mのコミュニティ・コンプライアンスの割合が少なくとも80%に達する必要があると言われています。

「DKIジャカルタ州政府は、首都の公衆衛生プロトコルに関する法律を施行するために、<※>フォールコ・ピムダ当局(指導者調整フォーラム)と引き続き協力する」とアニースは日曜日(2020年11月22日)に述べた。

<※>フォールコ・ピムダ当局(指導者調整フォーラム):
県や市のタスクフォース本部長を兼任する県知事、市長は決定を下す過程で、州知事との調整、議会や警察などが参加するグループ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。