この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Luhut Bawa Investasi Rp28 T dari Negeri Trump,
Sektor Ini Paling Potensial Dibiayai

オンラインメディア「ビジネスコム」が伝えていました!
24 November 2020


木曜日(2020年11月19日)に、海事担当調整大臣 Luhut Binsar Pandjaitan氏が米国(US)を訪問したことは、インドネシアの政府系ファンドにとって朗報でした。

米国政府の政府系ファンド(SWF)<※1>のマネージャーの1つである米国国際開発金融公社(DFC)は、この国への投資を約束しました。

DFCは、「サムおじさん」<※2>の国が所有する12の政府系ファンの1つです。計画は、雇用創出法に基づいて政府によって作られるインドネシアの政府系ファンドを通じて、インドネシアに投資が行われることです。

「この協力は、米国とインドネシアの間の経済関係を強化するだろう」とDFCのCEO、アダム・ベーラー氏は公式声明で述べた。

SWFは、貿易収支の黒字または分離された州の資産を管理するために割り当てられた州の機関です。

この機関は、政府投資の架け橋として割り当てられています。

IMFは通常、SWFは長期的な目標のために外国資産を管理するために世界市場に拡大することを目的としていると述べた。


<※1>

SWF: ソブリン・ウエルス・ファンド(英: Sovereign Wealth Fund、略:SWF)とは、政府が出資する投資ファンド。 日本語では、主権国家資産ファンドや政府系ファンドなどと称されることもある。<Wikipedia>

<※2>

アンクル・サム(Uncle Sam)は、アメリカ合衆国政府を擬人化したキャラクター。また、一般的にアメリカ自体をさすこともある。

新聞の政治風刺漫画などでは、自由の女神像とともにアメリカの擬人化としてよく登場する。星柄のシルクハット・紺のジャケットに赤い蝶ネクタイ、紅白縦縞のズボンといった星条旗を意匠化した服装の白人として描かれる。頭文字はUnited States(アメリカ合衆国)と同じU・Sである。<Wikipedia>


<コメント>

これは、今中国の船が、インドネシア領域にも、たびたび現れるようになった現状で、何とか防御しているが、これに対してのアメリカの応援と見て良いと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。