この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
KPK Disebut Tangkap Menteri Edhy Prabowo
terkait Ekspor Benih Lobster

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!


ジャカルタ-腐敗撲滅委員会(KPK)は、2020年11月25日水曜日の朝に海事水産大臣 Edhy Prabowo氏を逮捕したと伝えました。この逮捕は、ロブスターや稚魚の輸出における腐敗の疑いがあると言われています。

Tempoの情報筋によると、Edhy Prabowo氏は、米国への旅行から戻った後、Soekarno-Hatta空港でKPKによって逮捕されました。 「彼は午前1時23分に逮捕された」とテンポ筋は2020年11月25日水曜日に言った。

この逮捕について確認されたKPK副会長のリリ・ピンタウリ・シレガー氏は、多くを語ることができませんでした。 「私は町の外にいます。後でチェックします」と言いました。

Tempo Magazineは、昨年7月にロブスターと稚魚の輸出に関するレポートを発表しました。

ニュースでは、ロブスターと稚魚の輸出活動の開始時に、KKP(海洋水産省)は25の有限会社またはPT(株式会社)、3つの有限パートナーシップまたはCV(有限会社)、および2つの会社からなる30の会社にトレーディングビジネスまたはUD(個人商店)の形で許可を与えたと報告されました。

Tempoの調査によると、25社は、行為に基づいて過去2〜3か月以内にのみ設立されました。

さらに、多くの党幹部がこれらの企業の背後にいるアクターであると疑われています。

たとえば、PT Royal Samudera Nusantaraでは、Ahmad Bahtiar Sebayang氏がメインコミッショナーとしてリストされています。

Bahtiar氏は、Tunas Indonesia Raya (グリンドラ党のグループの1つ)の副議長であり、Gerindraの支持者です。

コメントを残す