この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Pemprov DKI Pangkas Pajak Bumi Bangunan Sampai 50 Persen

オンラインメデイア「ビジネスドットコム」が伝えています!


Bisnis.com、JAKARTA-

DKI Jakartaの州政府は、Covid-19の大流行の影響を受けた企業に対して、地方および都市の土地および建築税(PBB-P2)の50%割引を提供しようとしています。

<写真>Jumat (26/4/2019)

DKIジャカルタ開発計画庁(バペンダ)の責任者であるモハマド・ツァニ・アナファリ氏は、このオプションは、10.95パーセントを超えたDKIジャカルタ地域の公開失業データに基づいて採用されたと述べた。

「2桁を越えることは非常に心配です。私たちは出資出資がどのセクターから来ているのかを見極めるように努めるべきです。 宿泊施設、飲食部門、ホテル、レストラン、小売店、ショッピングセンターのBPS(インドシア中央統計局)データによると、不良債権のデータは非常に大きいことがわかります」とTsaniは水曜日(2020年11月25日)に電話で述べました。

<資料>

BPS(インドシア中央統計局):

https://www.sinfonica.or.jp/international/indonesia_hp/BPS.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。