この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
All Three Cimahi Mayors End Up as Graft Suspects

オンラインメディア「ジャカルタグローブ」が伝えています!


西ジャワのチマヒの町は、2002年に市の地位を獲得して以来、3人の市長によって率いられてきました。3人全員が現在、囚人または汚職の容疑者です。

Ajay Muhammad Priatna氏は、汚職撲滅委員会(KPK)によって逮捕された最新のチマヒ市長でした。 彼は金曜日の朝、病院のプロジェクトで賄賂を受け取ったとして、他の9人と一緒に拘留されました。

第一報はこちら

汚職撲滅委員会(KPK)が賄賂の申し立てで、海事水産大臣のEdhyPrabowo氏「ロブスター問題』<下記ご参照>が逮捕された後、これは過去3日間で2番目の主要な、いわゆる「収賄容疑の手入れ」でした。

KPKはロブスターと稚魚の輸出でエディ・プラボウォ大臣を逮捕

「この事件は病院の建設免許に関連しています。 [捜査官]は作戦中に少なくとも4億2500万ルピアと財務書類を押収した」とKPKのスポークスマンAliFikri氏は声明で述べた。

委員会の情報筋によると、この資金は市長への32億ルピア(227,000ドル)の支払いコミットメントの一部でした。

逮捕は西ジャワの首都バンドンで行われたとスポークスマンは述べた。 彼は、この事件の詳細は土曜日の記者会見で発表されると付け加えた。

<中略>

与党の闘争民主党(PDI-P)のメンバーであるアジェイ氏は、以前は州のインドネシア商工会議所(Kadin)の上級メンバーでした。

彼の前任者であるItocTochija氏と妻のAttySuhartiは、以前に汚職で有罪判決を受けていました。

Itoc氏は、2002年に町が市の地位を与えられた後、最初のチマヒ市長でした。彼は、妻が市長選挙に勝利した2012年まで務めました。

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。