この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Bogor’s COVID-19 hospitals at near capacity

オンラインメディア「ジャカルタポスト」が伝えています!


西ジャワのボゴール県にあるCOVID-19病院は、患者の受け入れ量が急速に増加していることを示しています。

ボゴール副県知事「イワンセティアワン」氏が明らかにした。 彼によると、いくつかの病院は満員に達し、一部は75%が占有されており、世界保健機関(WHO)の60%の収容能力の提案を上回っています。

イスラム防衛戦線(FPI)のリーダーであるリジエック・シハブ氏がサウジアラビアでの自国亡命からの帰還を中心とした一連の集団集会と、10月下旬の長い週末をきっかけに、稼働率が上昇したと彼は付け加えた。

これらの要因は、大規模な社会的制限(PSBB)の第6フェーズ以降、毎日のCOVID-19症例数の増加にも影響しています。

「最も高い稼働率は、チビノン、シアウィ、ケマンの病院で見られます。 これは、毎日のポジティブケースの増加傾向が原因でした。

そのため、PSBBポリシーを延長しました」と
kompas.comが引用したIwan氏は述べています。

彼は、副県知事がウイルスの拡散を制御できなかったという懸念を表明した。 ボゴール知事はPSBB措置をさらに28日間延長した。

関連記事:

西ジャワ州知事、リジエック氏の群衆のために国家警察から呼び出し

副大統領は「シハブ・リジエック」氏との会談に問題なし(副大統領のスポークスマン)

その他「シハブ」の検索ワードで、さらに関連記事が出てきます!

コメントを残す