違法なスマートフォンはインドネシアで9月15日にブロックされる!
ローカルオンライン情報より

 

資源・郵便設備局長(Dirjen SDPPI)は、IMEI規則は4月18日にすでに施行されているが、システムがまだ完全ではないため、規制は有効になっていないと述べた。 IMEI規則が、2020年9月15日に開始されると予測されているインドネシアで流通しているブラックマーケットのスマートフォンをブロックする準備ができていることです。

ガジェットを頻繁にレビューする「Gadtorareブログマネージャー」は、これまで産業省(Kemenperin)のデータベースは、TKDNルールに準拠した公式の商品にすぎないと説明しました。海外から持ち込まれ、税関に税金を払っている個人輸入品のデータベースはありません。

「したがって、IMEIがサイトの産業省データベースに登録されていれば、商品が公式であることがほぼ確実です。このIMEIはスマートフォンのボックスに印刷されています。カウンターで購入する場合は、最初に確認できます。 「ラッキーは言った。

その間、彼は続けて、オンラインで購入する場合、政府の規制に従って、売り手は彼が売る商品に対して責任を負う義務があります。したがって、購入者をだますと、法的効力が発生する可能性があります。 「販売者が販売している商品が公式商品であると言っているかどうかを確認するためにIMEI番号を尋ねてください」と眼鏡をかけた男性は言いました。

<中略>

次に、購入した携帯電話がローカルSIMカードで直接試され、機能し、信号を出し、電話をかけ、スマートフォンと適切にデータ接続できるかどうかを確認することも提案しました。 「カウンターで購入する場合はカウンターで、オンラインで購入する場合は商品が到着したらすぐに購入してください」とラッキー氏は述べています。


<コメント>

新たに、日本で購入するIphoneなどをインドネシアで利用したい場合は、インドネシアで現在使っている「スマートフォン」で使っているSIM カードをこれに差し込んで、テストをする。

さらに、前回にも書いたサイトにアクセスして確認する。この2点になるでしょうか。

という事で、初めからインドネシアで使う事がわかっている場合は、やはりインドネシアで購入する事をお勧めいたします。
(このコメントは、編集員の1つの意見でしかありません。実際に様々な実験を繰り返し、確実な結論に達したわけではありません。購入される場合な個人の責任で、是非ご判断ください。)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。