皆様とどうぞ共有ください!

Bahaya Iming-iming WhatsApp Pink, Bisa Bajak HP dan Curi Data

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 21/04/2021 08:40 WIB


WhatsApp Pinkの魅力は、ユーザーがWhatsappアプリケーションのテーマをピンクに変更できることを約束するインスタントメッセージです。

ハッカーは、ユーザーがピンクのテーマと新機能でWhatsAppを使用できるリンクを含むメッセージを通じてこの「おとり」を広めます。

ただし、ユーザーがリンクをクリックしてそのリンクにソフトウェアをインストールすると、ハッカーがユーザーの携帯電話のデータを盗む可能性があるため、アプリケーションは危険であることが判明しました。

ハッカーは、ユーザーの携帯電話にアクセスできるようになったため、携帯電話を乗っ取る可能性もあります。

Gadget 360」を起動すると、WhatsApp Pinkリンクをタップしても、元のWhatsAppへの変更は表示されません。 代わりに、リンクは、悪意のあるWhatsAppPinkアプリケーションを携帯電話にダウンロードするオプションのあるページにつながります。


Whatsappピンクとは何ですか?

WhatsApp Pinkは、サイバー犯罪者が被害者の携帯電話をハッキングして制御できるようにするマルウェアです。 マルウェアは被害者のWhatsAppアカウントを制御することもでき、被害者は再びアクセスできなくなります。

WhatsApp Pinkは変更されたAPKであり、ウイルスが含まれています。 ユーザーがそのAPKをインストールすると、ハッカーに電話へのアクセスを許可します。 したがって、リンクをクリックして、そのAPKをダウンロードしてインストールしていない場合は、「91 Mobiles」が報告しているように、おそらく安全です。

このアプリケーションは、WhatsAppまたはFacebookとは何の関係もありません。 このメッセージはインドで広く広まっていますが、インドネシアに届く可能性があります。

<参考資料>

Gadget 36:インドのニュースサイトアプリ
91 Mobiles:インドのニュースサイト


カテゴリー「PCガッジェット」記事リスト

    1 thought on “「WhatsApp Pink」の誘惑の危険性は、携帯電話を乗っ取ってデータを盗む可能性

    1. WhatAppが狙われるのは、明らかである。有名になれば、広く使われるようになれば当然なのだろう!
      セキュリィティの問題。それと利用者が使いやすいようにする努力が求められる!
      その意味では、この両方から、いずれにしても、携帯のデータが抜かれるのなら、やっぱり、TelegramやSignalへの移行も選択肢の1つになるのは当然。これは、ある意味どのようなアプリであろうが、同じ運命である!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください