この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

●12月20日にお知らせした年末年始の国内外旅行の新型コロナウイルス対策のための規制強化に関し、ジャカルタ首都圏等同一都市圏内の移動には、迅速抗原検査は不要と確認されました。

●また、迅速抗体検査での入域が可能であるのは、「バリ島及びジャワ島」ではなく、「バリ島及びジャワ島以外」とされています。

1.12月20日付け当館領事メールにて、年末年始の国内外旅行の新型コロナウイルス対策のための規制強化に関するインドネシア政府通達について、お知らせしました。以下の点につき確認しましたので、追加・修正します。

(1)追加

ジャワ島内においては、ジャカルタ首都圏等同一都市圏(aglomerasi)内の移動に際して、迅速抗原検査を提示する必要はない。

(2)修正

バリ島及びジャワ島以外では、既存の規則に沿った上で、迅速抗体検査でも可(当館注:航空会社のホームページ等によれば、バリ島及びジャワ島以外でも、入域に際して迅速抗体検査以外の検査を求めている地域もあるようですので、国内移動に際しては、訪問先の地方政府の方針等を参照してください。)

2.インドネシア政府の通達の運用については、引き続き確認中であり、詳細判明次第、追ってお知らせいたします。在留邦人の皆様におかれては、最新情報の入手に努めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。