タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

● 西ジャワ州知事は、同州の5つの県・市(ボゴール県、ボゴール市、デポック市、ブカシ県及びブカシ市)での大規模社会制限の実施を明年1月20日まで延長するとの州知事決定を発出しました。

1. 12月23日付けで、西ジャワ州政府は、同州の5県・市(ボゴール県、ボゴール市、デポック市、ブカシ県及びブカシ市)で12月23日まで予定していた大規模社会制限の実施を明年1月20日まで延長する旨の州知事決定を発出しました。なお、本制限については、それぞれの県・市内の郡(kecamatan)・村(desa/kelurahan)における感染警戒レベルに応じて措置が講じられるとされ、各県知事・市長は、大規模社会制限の実施や保健プロトコルの適用のために、軍・警察と調整するとされています。

2. また、明年1月8日まで予定されている西ジャワ州における年末年始の新型コロナウイルス対策措置については、12月19日付け当館お知らせ(https://www.id.emb-japan.go.jp/oshirase20_159.html)を参照してください。

3. 大規模社会制限措置の詳細や実際の運用については、滞在先の地方政府の方針を参照するなど、最新情報の入手に努めてください。


在インドネシア日本国大使館 領事部
○大使館代表電話:021-3192-4308(24時間連絡可能)
○新型コロナウイルス関連相談の専用番号
(開館日:午前9時~午後12時30分,午後1時30分~午後4時45分)
:021-3983-9793,021-3983-9794
○ 大使館ホームページ:http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html
○ 外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(携帯版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。