9月19日から、インドネシア到着後1回目のPCR検査は、空港で行われることとされました。

1.国際航空移動に関する9月13日付け運輸大臣通達(2021年74号)により、インドネシア到着後の1回目のPCR検査は、これまでインドネシア政府が8日間の自主隔離先に指定したホテルで実施されていましたが、9月19日から、到着時に空港で行われることとされました。1回目のPCR検査の結果が判明した後、陰性であれば予約した隔離先の政府指定ホテルに移動できる模様ですが、運用状況は不明です。(陽性の場合は、従来どおり、政府が指定する隔離施設で隔離される模様です(外国人については経費自己負担。)。)

2.2回目のPCR検査については、同運輸大臣通達では、従来どおり、政府指定ホテルにて隔離7日目に行われることとされています。

3.また、当館が航空会社やホテル等関係者から収集した情報によると、PCR検査の費用については、空港到着時検査(1回目)及びホテル隔離終了前検査(2回目)のいずれも、外国人については自己負担とされています。

4.同大臣通達については、9月17日付け当館お知らせ( https://www.id.emb-japan.go.jp/oshirase21_181.html )を参照してください。インドネシアへの入国を予定されている方は、最新の運用状況について御利用の航空会社にお問い合わせください。

5.インドネシアにおける新型コロナウイルス対策のための措置は、突然変更される可能性があります。邦人の皆様におかれても、最新の関連情報の入手に努めてください。居住地・活動地の地方政府が定める対象地域や活動制限の内容については、各地方政府の発表等最新の関連情報の入手に努めてください。引き続き、感染状況等に注意し、緊急性を伴わない移動はできるだけ延期するなど、安全確保に努めてください。


在インドネシア日本国大使館 領事部
○大使館代表電話:021-3192-4308(24時間連絡可能)
平日の執務時間外・休日における緊急の用件には、緊急電話受付オペレーターにつながりますので用件をお伝えいただければ、担当者より折り返し御連絡させていただきます。
※ 夜間・休日に回線障害などで緊急電話受付につながりにくい場合:+62-21-5099-6971
○新型コロナウイルス関連相談の専用番号
(開館日:午前9時~午後12時30分,午後1時30分~午後4時45分)
 :021-3983-9793,021-3983-9794
メール:oshirase@dj.mofa.go.jp
○ 大使館ホームページ:http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html
○ 外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp
             http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

8 thoughts on “インドネシア入国時の措置(インドネシア政府による国際航空移動規制:空港到着後のPCR検査)

  1. PCR検査ですと判定結果迄に早くても3時間くらいはかかります。
    日本と同じ様な高度医療機器を使用した抗原定量検査ではありませんか?
    これなら1台の検査機器で1時間以内(15分後から順次判定)に200名程度の検査が出来ます。
    数台設置すれば1度に1000名以上の検査が可能です(1時間以内)。
    もし確認出来る様ならお願いします。

    1. 保健省の研究開発庁長官であるアドブル・カディル氏は、PCR検査法によるCovid-19検査に必要な時間はわずか約2時間であると述べた。 しかし、検査の結果は通常、数日後にのみ患者に知られています。
      インドネシアローカルニュースによれば、
      これですか?

  2. ありがとうございます。
    やはりPCR検査の様ですね。
    日本には成田空港近くにPCR検査センター(出国用)があります。
    検査2時間を謳っていますが、実際には検査→陰性証明発行までに5~6時間くらいかかるケースも少なく無い様です。
    早くても4時間はかかります。

    1. 2時間で結果を出すためには、おそらく、空港内に、検査できる機械を入れたのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。