ジャワ・バリ以外での活動制限が10月4日まで延長されました
活動制限レベルの区分地域について、主要都市の多くはレベル3以下に引き下げられました。

●活動制限レベル4の内容には大きな変更はありません。なお、ショッピングモールやスーパー等では、アプリ「Peduli Lindungi」を使用するか地方政府が定める保健プロトコルを適用することとされています。
1.9月20日、ティト内務大臣は、ジャワ・バリ以外での活動制限を、10月4日まで延長する旨の内務大臣指示(2021年44号)を発出しました。
2.活動制限レベルについては、西スマトラ州パダン市や東カリマンタン州バリックパパン市等は引き続き活動制限レベル4のままとされた一方、北スマトラ州メダン市、リアウ諸島州バタム市、ランプン州バンダル・ランプン市等はレベル3、リアウ州プカンバル市、南スマトラ州パレンバン市、北スラウェシ州マナド市、南スラウェシ州マカッサル市等はレベル2とされました。なお、ジャワ・バリとジャワ・バリ以外では、同じ活動制限レベルであっても措置の内容が異なりますので、御注意ください。
3.ジャワ・バリ以外の地域での活動制限レベル4の制限内容については、ショッピングモールに加え、新たにスーパーやハイパーマーケットでも、アプリ「Peduli Lindungi」を使用するか地方政府が定める保健プロトコルを適用することが定められました。それ以外は従来の活動制限とほぼ同様です。これまでのジャワ・バリ以外の地域での活動制限については、9月8日付け当館お知らせ( https://www.id.emb-japan.go.jp/oshirase21_175.html )を参照してください。
4.また、アチェ州バンダ・アチェ市、ジャンビ州ジャンビ市、中部カリマンタン州パランカラヤ市、リアウ諸島州バタム市、東ヌサトゥンガラ州クパン市の5市におけるショッピングモールでの保健プロトコルの試験運用規定は、今般の大臣指示からは削除されました。
5.なお、アプリ「Peduli Lindungi」は、外国人はパスポート番号で登録できるようになっていますが、外国のワクチン接種証明書は、依然登録できない状況であり、引き続き、当館からインドネシア政府当局に対して、運用の改善を申し入れているところです。アプリ「Peduli Lindungi」での外国のワクチン接種証明書の表示については、9月15日付け当館お知らせ( https://www.id.emb-japan.go.jp/oshirase21_179.html )のとおり、現在稼働するには至っていない模様であり、新たな情報を入手次第お知らせします。当館に電話等で多くのお問合せを頂いていますが、当館としてもお伝えした以上の情報は持ち合わせておりません。また、在留邦人向け新型コロナウイルス相談のために当館が設けている電話回線にインドネシア人の方から同様の多くの
問合せがありますが、在留邦人の方に日本語で対応しています。英語・インドネシア語での問合せには応じかねますので御理解をお願い致します。
6.インドネシアにおける新型コロナウイルス対策のための措置は、突然変更される可能性があります。邦人の皆様におかれても、最新の関連情報の入手に努めてください。居住地・活動地の地方政府が定める対象地域や活動制限の内容については、各地方政府の発表等最新の関連情報の入手に努めてください。引き続き、感染状況等に注意し、緊急性を伴わない移動はできるだけ延期するなど、安全確保に努めてください。


在インドネシア日本国大使館 領事部
○大使館代表電話:021-3192-4308(24時間連絡可能)
平日の執務時間外・休日における緊急の用件には、緊急電話受付オペレーターにつながりますので用件をお伝えいただければ、担当者より折り返し御連絡させていただきます。
※ 夜間・休日に回線障害などで緊急電話受付につながりにくい場合:+62-21-5099-6971
○在留邦人向け新型コロナウイルス関連相談の専用番号(日本語専用)
(開館日:午前9時~午後12時30分,午後1時30分~午後4時45分)
:021-3983-9793,021-3983-9794
メール:oshirase@dj.mofa.go.jp
○ 大使館ホームページ:http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html
○ 外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。