ジャワ・バリでの活動制限が12月5日まで延長されました。

●活動制限レベルは引き続き1とされていますが、制限内容に一部変更が加えられました。

1.11月21日、ティト内務大臣は、ジャワ・バリでの活動制限を12月5日まで延長する旨の内務大臣指示(2022年49号)を発出しました。

2.同内務大臣指示では、ジャワ・バリ内の全ての地域について、引き続き活動制限レベル1とされていますが、活動制限の内容に一部変更が加えられました。

3.ジャワ・バリでの活動制限の内容変更は、主に以下のとおりです。
(1)以下の分野において、事業運営業務のためのオフィス出勤率制限(従来は75%まで)を撤廃。
ア 必須(esensial)分野とされている顧客サービスを主とする保険・銀行・質・先物取引所・年金・融資機関(lembaga pembiayaan)
イ 必須(esensial)分野とされている輸出指向産業及びその関連産業
ウ 重要(kritikal)分野とされている災害対応、エネルギー、生活必需品関係を始めとする物流・郵便・運輸・配送業、家畜・ペット用を含む食品・飲料産業、肥料・石油化学、セメント・建設資材、国家の重要施設、国家戦略プロジェクト、建設(情報通信・放送インフラを含む公共インフラ)、基礎サービス(電力、水、廃棄物処理)

(2)以下の事業の営業時間制限を撤廃。
ア 屋台、路上飲食店等(従来は午後10時まで)
イ レストラン、食堂、カフェ(従来は午後10時まで)
ウ 夜間営業のレストラン、食堂、カフェ(従来は午後6時から午前2時まで)
エ ショッピング・モール(従来は午後10時まで)

(3)11月20日から12月18日(ママ)までの間、レストランやカフェ等でのサッカー・ワールドカップのパブリック・ビューイングなど、人が集まる活動において、以下の制限を適用。
ア アプリ「pedulilindungi」によるスクリーニングを行い、アプリの表示が「緑」の場合にのみ入場可
イ 60歳以上の者及び基礎疾患を有する者は入場禁止
ウ 飲食時以外はマスク着用

4.インドネシアにおける新型コロナウイルス対策のための措置は、突然変更される可能性があります。邦人の皆様におかれても、インドネシア国内の感染拡大の状況等には充分注意し、最新の関連情報の入手に努めてください。居住地・活動地の地方政府が定める対象地域や活動制限の内容については、各地方政府の発表等最新の関連情報の入手に努めてください。


在インドネシア日本国大使館 領事部
○大使館代表電話:021-3192-4308(24時間連絡可能)
平日の執務時間外・休日における緊急の用件には、緊急電話受付オペレーターにつながります。
※ 夜間・休日に回線障害などで緊急電話受付につながりにくい場合:+62-800- 1401934 ○ 大使館ホームページ:http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html
○ 外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。