この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

「救済インドネシアの飲食業」
ジャボデタベックバ(バリを含む)
Jakarta,Bogor,Depok,Tangerang,Bekasi&Bali)

Facebookグループ: https://www.facebook.com/groups/jabodetabekba


<経営>立場の方へ

お店にいらっしゃったお客様も毎日は来店をしてくれません。

だからその他のお店に行ったいただいき、戻ってくるお客様をお迎えすれば良いのです。

なので、仲良くしている「他店」を紹介して上げるのです。

この両店舗で同じような事ができれば、お互いに助かるはずです。

さらに、同じようにこのような仲間のお店ができれば、最高ではありませんか?

そうすれば、少なくなった、決まった数しかない日本人のお客様を共有化できます。

あなたのお店のファンを、その他のお店を紹介して、

教えてあげたお店が気に入れば、そのお店のファンにもなり、

両店のファンになっていただき、両店舗も「ウィンウィン」になります。

ここでの注意点は、

自店を活性化して、人気を集めるぐらいの努力をしていないと、この論理は、成り立ちません。

でも、普段からこのような努力をされたいないお店は、普段でさえ集客できていません。

言い換えれば、お客様の立場であれば、これができているお店は再来店します!


カテゴリー「集客」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。