この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

いつまで他社に「宣伝広告」を頼んでいるのですか?

そしていつまで、一元のお客さんを探し続けているのですか?

忘れてもらわないための方法も大切ですが?!

だから多くの方々が見ている「フリーマガジン」や「ウェブサイト」など

宣伝広告ができる人に、頼んでいるのだと思います。

でもそれで、
本当にお客様のためになっていますか?
お店のためになっていますか?

来店していただきたい方々に、お店のサービスを十分に伝わっているでしょうか?

もしかしたら、来店していただけるのなら、

それは誰でも良いとお考えですか?

クレームばかりする「来店者」も居るのはご存知です。

知らない間に、いわゆるこのような、招かざる来店を集めている場合があります。

もし、金額的にも、実質的にも、その頼んでいるプロモーション援助会社に頼れなくなくなったらどうされますか?

現在のようなコロナ禍状況では、「ヒシヒシ」とお感じになっているのではないでしょうか?

何が悪かったのでしょうか?
それは簡単です!

お客様との距離が遠過ぎたわけです!

長年、付き合ってくれた「常連客」も帰国!

次の常連客を探さなければなりません。

しかもその方法は、今まで以上に困難になっている昨今です。

その解決策とは?

人誑しになる事です。お客様の満足を考え続ける事です。

他人からもらった、自分で考えるアイデアでも

今の自分ではできない!?

だから違う方法を?

今まで何度となくやってきませんでしたか?

その結果、満足行く結果がでましたか?

1度、2度来店していただいた方々が、来店しなくなった理由は?

それはほぼ間違いなく、お店の中の「何か」が、

気に入っていただけないからです。

それをご存知でしょうか?

あるいは、教えていただいた事はありますか?何度ぐらい?

また改善できたら、その事をお伝えできていましたか?

お一人のフィードバックは、複数の方々のフィードバックです。

上記のような事をお客様に伝えなければなりませんが。

どのようにされていますか?

改善してくれれば、また来店しても良いという方も多々いるはずです。

どうして、積極的に、自分たちからお伝えしないのですか?

長い間、お客様に愛し続けていただきたいとお考えなら、

当然ではないでしょうか?

なぜなら、来店を続けていただくお客様は、お店が好きなのですから?

好きだと言ってくれる人に、「無関心」を続けていて、そのまま好きでい続けてくれると思われますか?

来店されたら仲良くするけれど、来店されないのは、お客様の勝手だから、しょうがないです。と言い続けるのですか?

どうしてこちらから、連絡をしないのですか?

振り向かせる事ができるような、ラブコールを出さないのですか?

恋人ならするはずです!

お客様だって、必要とされていると感じ続ければ、

心は少しづづでも、動いていきます。

お客様は、お料理や商品を食べに来ているようで、安心や安全、寛ぎも食べに来ているのです!


カテゴリー「集客」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。