この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

お客様から見て、あなたのお店はどのくらいの心の距離をもっているでしょうか?
即座に連絡できるようになっていますか?

それは、

  • ①直接電話(普通の電話・WA・LINE) <ほぼ常連客の場合>

この場合は、すでに複数回来店しているお店。
あるいは直接マネージャを知っているから、WAやLINEの電話もできる。

  •  ②WAやLINEのメッセージ <数度来店経験がある場合>

初めてやあるいは、まだあまり慣れないお店なので一定の距離感があるので、一人で来店やお友達などを誘ってお店に行きたい場合は、この方法ではないでしょう。

メニューの事や詳しいお店の情報は聞くことはない。

おそらく一般的な質問や友人からの質問代行など

  • ③ホームページ(スマホやタブで見やすいようになっている)<ほぼ初回時来店>

もしスマフォやタブレットでも、メニューや写真が見やすく、美味しそうに描かれていたら?

どこのお店か迷っている場合は、選んで貰える可能性が出てきます。

上記の、①や②のケースではなく、ほぼ初めてのお店の場合でも、来店していただける可能性が上がる!もちろん①<ほぼ常連客>や②<数度の来店済み>の方々でも、十分に役に立ちます。

それは、何故でしょうか?それは?
このお店のホームページのリンクをお友達に送る事で、簡単に、オススメとして同意を得る事ができるからです。

なぜなら、自分は興味があるお店でも、ご友人は知らない場合があるからです。

  • ④ Facebook(Instagram)やTwitterの利用

今Facebookでも「メッセンジャー」があり、WAやLINEの代わりにもなりますが、スマートフォンにFacebookを入れている方は、WAやLINEと比べると少ないでしょう。

Facebookの場合でもホームページの代わりができなくはありませんが。表現の方法がある程度制約がかかってしまいます。お客様のために考えたプロモーションや企画が、思ったような表現ができない場合が多々あります。

もちろん、オリジナルのホームページで、十分表現できていれば、そのリンクをFacebook にて貼れば、Facebookのお友達にも、納得できる内容をFacebookやInstagramで共有できますので、Facebookの有効利用ができます。

また、Twitterですが、複数の方々に、タイムリーにお知らせができます。Twitterは、スマートフォンに入れている場合が多いので、これができるのです。

たとえば、いきなりのプロモ〜ションを思い付いて、突然のタイムセール<雨の日特別プロモーションや緊急特別発表>などを打つ事ができ、集客に繋がります!

また、公式な情報もそうですが、「つぶやき」を中心に考えて、お友達感覚で語る事ができるので、担当者のキャラを出しやすく、お友達になれる時間が短縮できる!


カテゴリー「集客」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。