この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

お客様でもどのようなお客様を指しているでしょうか?
整理します。もちろんそれは、来店経験のあるお客様を指します。
一元さんではありません。

そこで考えるのは、お客様も「人」なので 得したい、特別扱いしてほしいのです。

もっと言えば、親友や恋人扱いをしてくれると嬉しいのです。

その辺をもっと深く考察すればわかってくると思います!

一元のお客様と明らか区別します。誰にでもわかるような違いを見せる事です。

そのやり方は、お客様の心に寄り添うような事を形にする事です。それができれば、食べ物を愛してくれる「常連客」、お店を愛してくれる「ファン」になってくれて、いろいろな面で、味方になってくれます!

特別な方には、特別扱いするのは当然です。でも差別してはいけません。特別扱いしてするのも、ちゃんと理由があるという事も明確にします。

それでは、その特別扱いの方法の一例をご紹介します!

もちろんそのためには、お店で楽しめる仕組みを作っておかないと、付いてきてくれません。準備も必要です。

ごく簡単な方法から言えば、

  • メンバーシップカードの発行(さまざまな優待サービス付き)
  • ポイントカードの運用
  • お店側が来て欲しいと思う時に来店してくれたお客様にプレゼント
  • 常連客あるいはブッキング客様に特別サービス
  • LINE特別会員を作り、特別サービスなど

このようにする事でも、お客様との接触頻度が上がります。

人間は接触頻度が高い人とは、仲良くなりやすいものです!

繰り返し「接触」することは信頼感・親近感を生む。
近い位置で「接触」することは信頼感・親近感を生む。
これはマーケティング、セールスの基本です。

短い時間でもいつも会っている人と
時々まとまった時間会っている人と
どちらが気になりますか?

オンラインでも、オフラインでも当然いつも接触している方の方に親近感が湧きます。

ただし、1つだけ注意点があります。

お客様だって人間、自分の時間を大切に使いたいので、邪魔しないようにする!

ここだけに配慮してください。そのためには、オンラインならば、スケジュールを組んで、迷惑にならないようにすれば良いだけです。

それでも、どうしても難しいとお考えの方々は、できない事は人に頼む事はできます。これを他社にお願いすれば良いのです。

もちろんそのコンテンツ・内容は十分に検討する事は言うまでもありません。

<参考資料>

上記の仕組みは、マニュアル化でき、ローカルスタッフが時折起こしてしまう、無礼だとかのマナーのトラブルで、お客様を離脱させてしまう<嫌われてしまう>ような事とは無関係です。日本人のあなたの手で管理ができます。


カテゴリー「集客」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。