Catat! Bukan Sekolah Mahal
yang Bisa Bikin Anak Sukses

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
26 November 2022 21:50


質の高い教育は学業の成功に影響を与えますが、子どもの将来の成功の決め手にはなりません。

児童心理学者で子育ての専門家であるミッシェル・ボルバ氏は、子どもの将来の成功を左右する要因はほかにもいくつかあるという。

ボルバ氏は、子どもの将来の成功を支える能力として、「忍耐力」が第一に挙げられるという。

このような能力を子どもたちに持たせるためには、子どもたちが成功するための特性を身につけるように促すことが親の役目です。

「やる気のある子と簡単に諦めてしまう子を見分けるソフトスキルの第一位は、「忍耐力」であることがわかりました。」

ボルバ氏は、簡単にあきらめない忍耐力のある子どもは、自分の努力が良い結果を生むという高い信頼性を持っていると述べた。

そのため、子どもたちは、たとえ多くの障害があっても、始めたことを最後までやり遂げようとする意欲を持ち続けることができるのです。

ボルバ氏によると、親が子どもに忍耐力を身につけさせる方法は、他にも5つあるそうです。

  1. 簡単にあきらめない子どもを育てる

子供の忍耐力を養うために親がすべきことは、まず、子供を落胆させやすく、忍耐力を失わせるような要因から遠ざけることです。

例えば、常に成功しなければならないというプレッシャーを与えない、結果ではなく努力を常に評価する。

成功は一時的なものだと理解させる。

子供の能力レベルを常に把握する。

など親ができることはいくつもあります。

  1. 子どもの頑張りを評価する

スタンフォード大学の心理学者キャロル・ドウェック氏は、子どもの能力は褒められると長続きしない傾向があることを発見しました。

それは、子どもたちが自己満足に陥ってしまうからです。

しかし、結果ではなく、努力したことや頑張ったことを褒められると、子どもたちはやる気を感じ、努力を続けることができるようになります。

ドウェック氏によれば、結果ではなく努力をほめることが、子どもの忍耐力を伸ばすという。

また、自分の努力を褒められると、子どもたちは賞品などの報酬を期待せずに成功しようとするようになります。

  1. 子どもを休ませる時間を作る

何かをしているうちに疲れてしまい、あきらめそうになったら、子どもたちに休む時間と活動する時間を分けてあげましょう。

そのためには、タイマーを置いて、アクティビティを行える時間を調節するのも一つの方法です。

これは、「疲れるほど何かをするのはよくない」ということを子どもたちに理解してもらうためです。

子どもには、時間までしか活動しなくていいことを説明する。

その後、休んでから再びタイマーをセットしてあげましょう。

そうすることで、子どもは集中力を振り分ける事ができやすくなります。

  1. 自立した子どもを育てる

ボルバ氏は、子どもが自分でできることはあまり手伝わないように、と親にアドバイスしています。

幼い頃から自立心を育てる。

著書に「Thrivers: 苦労する子と輝く子がいる意外な理由』では、親が子どもに何かしてあげるたびに、子どもは親に依存するようになり、自立することに慣れないと述べています。

  1. 子どもの気持ちを受け止める

子どもたちがあきらめの表情になるのは、問題から抜け出す方法が見つからないからかもしれません。

そんなときは、「それは普通の感覚なんだよ」と、子どもの気持ちを認めてあげるようにしましょう。

落ち着けるように、休憩をとるように促す。

その後、やろうとすることを妨げている「ミス」を見つける手助けをする。

問題が見つかったら、それを克服することに集中できるように導いてあげる。

<簡単解説&コメント>

もちろんこれは、インドネシアだけではなく、日本の教育も同じで、親はせっかちにならず、しっかり子供の普段を、変わって行く姿を見守ってあげる事でしょう。時間の無い我々ですが、時間をある時は、しっかりと子供といっしょにいる時間を大切にしましょう!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。