Jokowi Builds Hospital to Recoup
$7 Billion in Medical Tourism

(ブルームバーグ記事より)

Indonesia Loses $6.8b as People
Go Overseas for Medical Treatment: President

(ジャカルタグルーブ記事)


両方とも「2021年12月27日」 年末記事より

<ブルームバーグより>

インドネシアは、70億ドルのアウトバウンド医療ツーリズム事業を回収するための一環として、米国を拠点とするメイヨークリニック(世界最大級)と提携して運営される病院を建設しています。

ジョコ・ウィドド大統領は、2023年半ばに開業するバリ国際病院に裕福なインドネシア人と外国人観光客を呼び込もうとしていると、この施設は、白い砂浜で知られるサヌール地区に建設されています。

アウトバウンド医療観光の終了はインドネシアの病院に利益をもたらします

地元の医療制度に対する信頼の欠如と限られた能力のために、毎年約200万人のインドネシア人がシンガポール、マレーシア、日本、米国などの国に医療のために旅行しています。(略)

https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-12-27/jokowi-builds-hospital-to-recoup-7-billion-in-medical-tourism


<ジャカルタ・グルーブメディア記事>

インドネシアは97兆ルピア、つまり約68億ドルを失い、何百万人もの人々が海外で治療を受けることを望んでいると、ジョコ・ウィドド大統領は月曜日に語った。衝撃的な統計により、インドネシアは観光客の楽園バリに世界クラスの病院を建設するようになりました。

デンパサールのバリ国際病院の起工式で、ジョコウィ氏は「シンガポール、マレーシア、日本、米国を問わず、毎年少なくとも200万人のインドネシア人が海外に出向き、97兆ルピアを失っている」と述べた。 。

ジョコウィによれば、病院の存在はバリを医療観光の目的地にするでしょう。

「これにより、バリに来る観光客が増えるでしょう。この[病院]が海外からも[治療を求める]人々を呼び込むことを願っています」とジョコウィは語った。

バリ国際病院は2023年に開業します。この病院は、米国の医療センターであるメイヨークリニックと提携して運営されています。(略)


インドネシアの医療と観光を繋げ外貨獲得!(世界の富裕層を集め、最先端の医療を集め、お金を集める)

一般的な保険治療とは違う、治療が難しいと言われる、「不治の病」や「老化防止(アンチエージェンシー)などを扱い、高額な治療費を払ってでも良いと考える方々を集めようとしている。

世界でも最大級のアメリカ病院を迎え、医療設備も揃える。がしかし、ここで問題なのが、それを直に扱うドクターと薬の問題が残る!

現在の法律では、外国人ドクターは、医療に従事できない。さらに直近で言えば、インドネシア政府は、自給自足の政策へと明確に舵を切っている中、ソフトの面ではどのようにして、このプロジェクトを行おうとしようとしているのか?

正直現在、さまざまに取材中。でも表に出ている、報道ベースで言えば、このバリに経済特区を作る。という事は、初めは医療に従事する人たちの技術できない未熟な部分は、やはり特例で、一時的にも外国人に任せる必要がある。特に取り扱う「医者」については。

さらに医療機器については、見たこともない機械は、当然外国から薬も同様。

記事内にもありますが、しばらくは輸入に頼る事になる。さらに同様な理由で、国内にこのような機械や薬を作れる企業を誘致せざると得ない。実は、おそらくメディアにまだ出てきていない水面下の動きでは、その動きは日本勢も含め、世界の医療関係企業が動いている!(当然アメリカ、韓国やヨーロッパなど)

(実は、以前ドバイという国でも同様な政策を取ったが、今は閑散としているらしい、ドバイプロジェクトに詳しいドクターからのお話)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。