西ジャワでのデング熱とCovid-19の防止.州政府は民間支援を受ける

梅雨に入ると、デング出血熱(DHF)の脅威に注意する必要があります。さらに、kompas.comによって報告された、2020年のYogyakarta World Mosquito Program(WMP)Prof。Adi Utarini氏(主任研究員)によると、デングの症例は大幅に増加しています。

感染経路を追跡するための無料「スワブ・テスト」(アニー氏)

DKIジャカルタ知事「アニスバスウェダン」氏は、市民がコロナウイルス(Covid-19)の陽性患者と密接に接触した居住者に対しては、特別に無料の綿棒テスト(SWABテスト)を提供すると述べました。

スマフォの写真でお店を応援できる!

お気に入りのお店を応援しよう!

今年緊急ワクチンの承認はありません!

ジョコウィドド大統領が症例の増加と健康プロトコル違反の蔓延の中で、取り組みを迅速に進めるよう求めているにもかかわらず、

国家警察はジャカルタ州知事を召喚し、「シハブ」氏の娘の結婚式で犯罪要素を調査

Anies Diperiksa Polisi, P […]

「バイオファーマ」はASEANのコロナワクチンセンターに(国有企業大臣)

国有企業大臣エリック氏「バイオファーマ」
はASEANのコロナワクチンセンターになる事を望んでいます。

政府はCovid-19の急増を予想している-長期休暇中

政府は10月末の長期休暇中にCovid-19の拡散を予測しようとしています。 ジョコ・ウィドド大統領は、この件に関する限られた会議の議長を務める一方で、休暇後にパンデミックの伝播率が上昇することはないことをスタッフに思い出させました。

<ジョコ大統領>COVID-19ワクチンに対する政治的、経済的利益は絶対にない

ジョコウィドド大統領は、彼の政権が政治的および経済的利益のためにCOVID-19ワクチンの計画された調達と配布を使用しないことを保証しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。