明らかに! これが、中国がCovid-19ワクチンを輸出するのに怠惰すぎる理由!

中国は、世界でCovid-19ワクチンの輸出国の1つです。 これまで、シノバック 、シノファーム、カンシノなどを生産する国は、開発途上国へのワクチンの配布に重点を置いてきました。

シノバック・ワクチンの抗体は6か月後に低下、インドネシアはブースターを与えますか?

シノバック・ワクチンの最新の研究では、ワクチン接種後の抗体は6か月後に衰退することが示されています。

9,010万回分のCOVID-19ワクチンを製造!(ビオファーム社、2021年7月26日まで)

食品医薬品局によると、PT Bio Farma(ビオファーム社)は、2021年7月26日時点で約9,010万回のCOVID-19ワクチンを製造しており、そのうち6,580万回が放出ロットを受け、残りの2,430万回はまだロット放出が保留されています。

Covid-19に対してどのワクチンが最適ですか? これがジョコウィの答え!

中国のCovid-19ワクチンであるシノバックは、デルタ変異体などの新しいコロナ変異体に対しては効果がないと考えられているため、多くの国でますます疑問視され、取り消されています。

個別の相互協力ワクチン接種の実施は、保健省の技術ガイドラインを待たなければならない!

個々の相互協力ワクチン接種の実施がより効果的、効率的、そして説明責任を持って実行できることをさらに確実にするために、政府はその実施をより詳細に規制する技術ガイドラインを開発する必要があります。

3回目の予防接種「モデルナ・ワクチン」を実施 !(保健省はRSCM・国立公立病院の医療従事者より)

保健省は、モデルナワクチンを使用して医療従事者に追加し、3回目のワクチン接種を開始しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。