タイトル

Covid-19タスクフォースは、監督なしにワクチンを混合しないように!

Covid-19タスクフォースのスポークスマンであるウィク・アディサスミト氏は、監督なしでワクチンを混合したり、ブースターとしてCovid-19ワクチンの投与量を増やしたりしないように国民に訴えました。

ビイオファーマ(国有企業)は月に4000万回のワクチン接種を依頼される!

海事投資調整大臣のスポークス・パーソン、ジョディ・マハルディ氏は、政府がPTバイオファーマ(国有企業)へ、月に4000万回分のCovid-19ワクチンを製造するよう要請したと述べた。

LaporCovid-19:特にパンデミック危機で、ワクチンを取引すべきではありません!

「LaporCovid-19」のボランティアであるアマンダ・タン氏は、多くの市民社会連合とともに、PT Kimia Farma(Persero)Tbkによって発表された有料ワクチンを拒否したことを強調しました。