インドネシア進出サポート

【新ブロガー】インドネシア進出サポートのご紹介

ブロガーのプロフィール
1981年から14年間メーカーのインドネシア工場に責任者として駐在。 1999年からメーカーのグローバルサプライチェーン改革を担当。 2005年からサプライチェーンカウンシルの日本代表に就任。 2006年から静岡大学工学部の客員教授に就任。 2011年からバリューチェーンプロセス協議会の理事に就任。また、社団法人静岡県国際経済振興会(SIBA)のインドネシアコンサルタント、ならびに浜松商工会議所の海外ビジネス支援アドバイザーに就任する!

そのブログの最新版は.....
---------------------------------------------------

大企業と中小企業の根本的な違い

インドネシアには現在約1,500社の日本企業が進出していると思われます。

その中には有名な大企業から、本社従業員が10名くらいの零細企業まで様々な規模の会社が含まれています。

最近、これらの現地企業に駐在している日本人社員の間に大きな違いがあることに気が付きました。

全員がそうだと言う訳ではありませんが、大企業の場合は自分が居る現地法人が仮に赤字でも、グループ全体の収益でカバーしてもらえると言う意識が見え隠れします。

 詳細はこちらからどうぞ