インドネシア情報ライン( Indonesia Information Line )

-----------------------------------------------------------

「一国家、一民族、二言語(4)」(2019年02月19日)

つまり、これは昔われわれがその勇気を持っていたことを証明するものであり、そして今やそれは消滅してしまったということができる。

インドネシア語の発展にもっとも決定的な役割を果たす大衆コミュニケーション機関として唯一のものであるマスメディアは、もっと早くから飾り立てた洒落者になっていたように見える。そのありさまをもっともスペシフィックに体現しているふたつのマスメディアを示しておきたいと思う。そのひとつは雑誌ME(Male Emporium)、もうひとつはMetro TVだ。

「胡椒、枯れるバンテンの栄光(1)」(2019年02月19日)

バンテン州セラン市の町中から南西におよそ20キロ離れた場所にカラン(Karang)山があり、その線をさらに10キロほど伸ばすとプロサリ(Pulosari)山がある。プロサリ山はパンデグランの町からだと15キロほどの距離だ。

「国際レベルのジャカルタバスウエイサービス」(2019年02月19日)

2018年12月28日付けコンパス紙への投書"Turis dan Transjakarta"から
拝啓、編集部殿。ハルモニ~PGC2ルートのトランスジャカルタバスにパサルバル停留所から乗ったときの実体験です。バス内は満員で、乗客の間には大きなリュックを背負った白人男性が立っており、わたしが立っている場所から近い女性専用エリアにも大きなリュックを持って座っている白人女性がいました。

詳細はこちらからどうぞ

 


You have no rights to post comments

Related Article

ログイン(Facebook&Email)でOK

Facebookアカウントからメンバーさんになることができます。メンバー特権といたしまして、さまざまなご優待券のプレゼントやインターネットからの特典もございます。例えば、男性専用Spa&Massage「MyPlace」20%E-Voucherをダウンロードできます。どうぞご入会ください。またメンバーの方々には、ご好評)週末にメールマガジン「週刊ジャカルタライフ」を送らさせていただいております。 1300名以上のメンバー様に楽しんでいただいております。よろしくお願いいたします。

Remember Me
Register
Facebook Login Twitter Login

Support SNS!

icon facebook 
line logo2 instagram jktlife news magazin logo3

(新)何でも人気ランキング

Events Calendar

2月 2019
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

Twitter