1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 Rating 0.00 (0 Votes)

この記事の評価: 3 / 5

星を有効星を有効星を有効星を無効星を無効
 

 indojoho logo

インドネシア情報ライン

--------------------------------------------------------------

「バタヴィア港(32)」(2017年09月22日)

ピーテルのほうがサルチェに接近して行った。ゆっくりと時間をかけて、この少女の最初の男になるのだ。軽いコンタクトが繰り返されて親しさが増し、サルチェの日常の意識の中にピーテルが常住するようになったとき、ふたりの恋の炎が燃え上がり、そして破局に向かって転がり落ちて行った。

「タンココバトゥアグスへファウナ観察の旅(後)」(2017年09月22日)

ガイドはヤキについて解説してくれる。ヤキはスラウェシ島にのみ生息している原生種のサルで、今では3千匹に減ってしまった。かれらはグループに分かれて群棲しており、最大でも110頭が単一グループの限界で、それ以上増えるとグループがふたつに分かれるらしい。

「インドネシアのゴミ」(2017年09月22日)

海洋プラスチック汚染の元凶は中国であり、次にインドネシアだ、と名指されたこの国で更に細かい調査が行われ、重金属とプラスチックの激しい汚染地区がそれぞれ確定している。重金属は産業廃棄物、プラスチックは家庭ごみとそれぞれ出自は異なるものの、いずれもが河川を経由して海に流れ込んでいるのは周知の事実だ。重金属汚染はジャカルタ湾、スマラン湾、タンジュンブノアなどで顕著に見られる。ジャカルタ湾に流れ込む河川は数多く、そのいくつかの河口では基準値を大幅に超える汚染が報告されている。北ジャカルタ市のムアラカマルがその筆頭だそうだ。

詳細はこちらからどうぞ


コメントを追加

くれぐれも誹謗中傷だけはご遠慮ください。


セキュリティコード
更新

Related Article

 
"ジャカルタライフドットコム
アパート「空室情報」1000USD以下”

Support SNS!

Login

メンバー特権といたしまして、さまざまなご優待券のプレゼントやインターネットからの特典もございます。万が一の場合での緊急情報についても、お知りになりたいたい方がいらっしゃいましたらSMSでもお届けしております。どうぞご入会ください。またメンバーの方々には、週末にメールマガジン「週刊ジャカルタライフ」を送らさせていただいております。 1300名以上のメンバー様に楽しんでいただいております。よろしくお願いいたします。

(新)何でも人気ランキング

ホテル チカラン&カラワン

日本食レストラン

インドネシア料理

マッサージ&スパ

★インドネシア大好き★Youtube

 

 

Events Calendar

9月 2017
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Latest Events

イベントなし

Twitter