国内にて安くて、まともの治療が受けられるのか?パート2

海外用の保険を使わず、BPJS医療保険(インドネシアの法人が基本的に加盟しなければならない保険制度)を使い、緊急的に的確な医療行為が受けられるのか? 今回は事故の場合を検証してみます!<パート2>

logo bpjs kesehatan3

これはあくまでも、日本人のパスポートを持つ「編集員」自身の体験談を元に、2回に渡りご紹介いたします。

<状況2>
それまでは、このことを少しは知っていたが、具体的に自分自身が使うことになるとは少しも思っていなかったので、家族に聞かれるまで、忘れていましたが、スタッフがこのことをGmailに「インフォ」してくれていたのを思い出し、外来で処置を受けている最中に携帯から、Gmailアカウントにアクセスして、その資料を発見、必要書類をダウンロード。受付カウンターにその旨を話し、急遽使えることになり、当初最低でも17Jutaはかかる費用が、100.000Rpで済んだことでした!でもこの費用は、まだ登録していない時点での費用がかかったということです。後にわかりましたが、抜糸や後日飲まなければならない薬代も無料になってきます。

最後に、言わなければならないことがあります。「Time is Money」を考えると、時間はかかります。混んでいる時間帯に薬をもらいに行った時であったのか、3時間以上は待たされました。それでも受け取ることができませんでしたので、後日にしました。

諸費内容:

現在リハビリ&薬 費用:無料
3人は収容する「クラス2」の共同部屋へ2泊分の宿泊費用
2つに割れた半月板の修復手術とフォローのために薬

<結論>

日本のいわゆる海外で使える保険を使わず、安い治療費で治療を受けることができるのか?
答え:YES
条件:6か月以上就労している外国人(就労ビザVISA半年以上)

 


You have no rights to post comments

ログイン(Facebook&Email)でOK

Facebookアカウントからメンバーさんになることができます。メンバー特権といたしまして、さまざまなご優待券のプレゼントやインターネットからの特典もございます。どうぞご入会ください。またメンバーの方々には、(ご好評)週末にメールマガジン「週刊ジャカルタライフ」を送らさせていただいております。 1300名以上のメンバー様に楽しんでいただいております。よろしくお願いいたします。ご入会はこちらをクリック!

Remember Me
Register
Facebook Login Twitter Login

Support SNS!

icon facebook 
line logo2 instagram jktlife news magazin logo3

(新)何でも人気ランキング

Events Calendar

1月 2020
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
2月 2020
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Latest Events

イベントなし

Twitter