インドネシアの日本人社会は2019年もチカランへ移っていく!

その理由は、以下のように考えられます。

2019年もしばらく、高速道路「ジャカルタ・チカンペック線」の工事が続く。また高速道路沿いにも引っかかる「低速電車」の工事がある。インドネシア人も含み、通勤中の「渋滞」という理由で、時間の浪費や無駄な体力を使うなどの効率が悪い状態を回避するために、どんどん住む場所がで建設され、日本人が通える幼稚園や学校も出来上がりつつある。一部では出来上がっていく。

  1. 駐在員がたくさん働く工業団地が集まる地域の「チカラン」に日本人学校ができる。https://cikarang-japanese-school.com/
  2. 「ジャカルタジャパンクラブ」があるように「チカラン日本人会」もできる。https://cikarangjapanclub.amebaownd.com/
  3. 日本人が美味しく食べる事ができる「日本食レストラン」もできている!

などなど

これからは、ジャカルタだけでなく「チカラン」にも注目していきましょう!

チカランという場所は、代表的な日系の工業団地は以下のような名前

  1. MM2100
  2. Lippo Cikarang
  3. Jababeka
  4. Ejip
  5. Deltamas などその他

You have no rights to post comments

ログイン(Facebook&Email)でOK

Facebookアカウントからメンバーさんになることができます。メンバー特権といたしまして、さまざまなご優待券のプレゼントやインターネットからの特典もございます。例えば、男性専用Spa&Massage「MyPlace」20%E-Voucherをダウンロードできます。どうぞご入会ください。またメンバーの方々には、ご好評)週末にメールマガジン「週刊ジャカルタライフ」を送らさせていただいております。 1300名以上のメンバー様に楽しんでいただいております。よろしくお願いいたします。

Remember Me
Register
Facebook Login Twitter Login

Support SNS!

icon facebook 
line logo2 instagram jktlife news magazin logo3

(新)何でも人気ランキング

Events Calendar

12月 2018
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

Latest Events

イベントなし

Twitter