「不明な経済数値を使い、現政権を揺さぶる大統領候補のプラボォ氏-サンディ氏グループ」

オンラインメディアの「Detikom」 が伝えている。

detikom logo

インドネシア大統領選挙戦が激化する中、さまざまな嘘や誤解で、国民は迷わされているようです。

候補者グループの「プラボオ氏とウノ氏」がどうやら、国内経済について公表されている数字を謝って使い、現大統領の政治体制を揺るがせ様としています。

現在の国の債務負担が今の「赤ちゃん」である彼ら全員が負担をし、それは9百万ルピアであるとほのめかした。とオンラインメディアの「Detikom」 が伝えている。

さらに、この例えは非常にわかりにくく、イメージ操作に近い見解になっている。国の債務負担が、具体的に何を示し、それがどうして彼らがその返済をしなければならないのかが、示されていないようだ。

財務省は、現在の政府債務の状況は依然として良好に管理されていると強調した。 財務省はまた、インドネシアの債務状況をこれら3カ国と比較しています。

財務省の通信情報サービス局長、Nufransa Wira Saktiは、一人当たり債務の計算は債務返済能力とは関係ないと説明した。 借金を支払う能力は彼らの収入から見られ、それは国では国内総生産(GDP)と呼ばれています。

彼によると、近隣諸国と比較して、インドネシアの一人当たり債務の状況は依然として良好です。 2018年のインドネシア政府の一人当たり債務比率は1,147米ドルで、GDP当たりの債務比率は30%でした。
その数は、タイ(一人当たり2,928ドル、一人当たりGDP当たり42%の債務比率)、マレーシア(一人当たり一人当たり5,898ドル、一人当たりの債務比率55%)、フィリピン(一人当たり1,233ドル、債務比率)よりもはるかに低い。 GDPあたり40%)

データ元はこちらからどうぞ


コメントを追加

くれぐれも誹謗中傷だけはご遠慮ください。

セキュリティコード
更新

ログイン(Facebook&Email)でOK

Facebookアカウントからメンバーさんになることができます。メンバー特権といたしまして、さまざまなご優待券のプレゼントやインターネットからの特典もございます。例えば、男性専用Spa&Massage「MyPlace」20%E-Voucherをダウンロードできます。どうぞご入会ください。またメンバーの方々には、ご好評)週末にメールマガジン「週刊ジャカルタライフ」を送らさせていただいております。 1300名以上のメンバー様に楽しんでいただいております。よろしくお願いいたします。

Remember Me
Register
Facebook Login Twitter Login

Support SNS!

icon facebook 
line logo2 instagram jktlife news magazin logo3

(新)何でも人気ランキング

Events Calendar

3月 2019
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

Latest Events

イベントなし

Twitter