タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Daerah Sebaran Varian Delta Dapat
Alokasi Vaksin Tambahan

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 10/08/2021 15:47 WIB


保健省は、懸念の変異株(VoC)カテゴリーでコロナウイルスの突然変異の症例が増加した州が、Covid-19ワクチンの追加割り当てを受けたと述べました。

懸念の変異株カテゴリに分類されるウイルスには、B117アルファ、B1351ベータ、およびB1617.2デルタが含まれます。

デルタ変異体分布を考えて追加のワクチン割り当てを決定! COVID-19 | アルファ変異体 | デルタ変異体

2021年8月7日の時点で、保健省はインドネシアでの懸念の変異株症例が1,447に達したと述べた。

詳細は、1,369のデルタ変異体、次に62のアルファ変異体、17のベータ変異体です。

「Covid-19の症例数からワクチンの分布がわかります。

次に、感染率の高い領域と懸念の変異株ウイルスによって影響を受ける領域を考え、ワクチン割り当てが決まり、追加されました。

火曜日(8月10日)にCNNIndonesia.comから連絡を受けたとき、保健省のCovid-19ワクチン接種のスポークスパーソンであるシティ・ナディア・タルミジ氏は述べた。

ナディア氏によれば、これらの地域のCovid-19の症例数を考慮して、ワクチンの追加が行われたとのことです。

ナディア氏はまた、現在、Covid-19ワクチンの配布と、割り当てがすべての州で均等に行われていることを確認しました。

それでも、ナディア氏は、ワクチンの配布が以前はジャワバリで優先されていたことを否定しませんでした。

なぜなら、全国的なCovid-19症例の大部分が、その地域によって集まっていたからです。

「ジャカルタだけでも4万人、または約20〜30パーセントがジャカルタに存在していた可能性があったため、最初にジャカルタで予防接種を完了することを優先しました」と彼女は説明しました。

ナディア氏によると、ジャワバリでの陽性例が減少し始めたため、Covid-19ワクチンの割り当ては、均等な配布が後で行われたとのことです。彼女によると、死亡例を強調する必要がありました。

ジャワバリの状況が改善されるとともに、ジャワバリ以外のいくつかの州は、依然としてレッドゾーンにある病院の占有率を示し始めています。

過去数週間でさえ、ジャワバリ以外でのCOVID-19の症例と死亡の数は増加し始めていました。

ランプン州は、インドネシアでCovid-19の死亡率が最も高い地域としてもリストされています。

 2021年1月1日から2021年8月8日までのデータによると、ランプンの死亡率は7.1%に達していました。

「そこでワクチン接種は均等の分配になりました。今は、ジャワ-バリの外とジャワ-バリの割り当ては同じです」とナディア氏は言いました。

月曜日(8月9日)の12.00 の時点で、保健省は51,396,079人がコロナウイルスワクチンの接種を受けたと記録しました。

 一方、インドネシアでは、24,888,506人だけがCovid-19ワクチンの2回接種を完了しています。

つまり、合計目標である208,265,720人という政府の予防接種目標は、最初の注射を受けた予防接種目標の24.68パーセントにしかなっていません。 一方、2回目の注射はわずか11.95パーセントでした。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。