タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Indonesia Kembali Kedatangan
8 Juta Vaksin Sinovac Tahap 29

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
22/07/2021 12:41 WIB


インドネシアに木曜日(7月22日)に中国企業シノバックが製造したコロナウイルスワクチンを800万回分が到着。

何百万回ものワクチンがスカルノハッタ空港に到着し、ガルーダ機から降ろされた後、いくつかの環境または冷蔵施設に運ばれます。

「シノバック・ワクチン」到着!インドネシアに800万回のフェーズ29 アストラゼナカ | シノバック | シノファーム

 

現在、シノバックワクチンのフェーズ29で800万回投与されます。

これは、インドネシア国民全体に対する政府のコミットメントです。

私たちは、現在かなり重いと感じている私たちのステップを強化するために、このワクチンの存在を歓迎する必要があります」と、木曜日(7月22日)の記者会見でヤクート・チョリル・クーマス宗教大臣は述べました。

ヤクート氏によると、政府は2021年8月までに1日200万人の予防接種プログラムを目標としている。

したがって、政府は一般に配布するのに十分なワクチンを入手する必要がある。 

彼はまた、国の予防接種プログラムを成功させるために、宗教指導者、宗教機関、および国の要素に要請した。

彼は、より広いコミュニティの支援がなくワクチン接種を悲観的です。 

私たちがもっと深く掘り下げるならば、予防接種プログラムは宗教的な教えです。

すべての宗教的な人は、人生の継続性を維持する義務があるからです。

人生を守ることは、この世界に住んでいる間、私たちが常に神をより長く賛美するように、高貴な歩みです」と彼は言いました。 

さらに、ヤクート氏は、ゾーン3と4で緊急PPKMを実施する際に、一時的に自宅で礼拝するよう宗教者に呼びかけました。

同じ呼びかけは、赤とオレンジのゾーンにある緊急PPKMの外側の領域にも当てはまります。 

「神は常にすべての生き物に存在しているからです」と彼は言いました。

今日、数百万のワクチンが到着したことで、インドネシアには数億のワクチンが投与されます。

7月19日現在の保健省のデータによると、シノバックワクチンの1億1,800万回分、アストラゼネカの1,400万回分、シノファームの600万回分とモデルナの450万回分が記録されています。

「シノバック・ワクチン」到着!インドネシアに800万回のフェーズ29 アストラゼナカ | シノバック | シノファーム

政府は、暫定的に5つのワクチンブランド、すなわちシノバック、アストラゼネカ、ファイザ、モデルナ、およびノババックスワクチンを全国予防接種プログラムで使用するように設定しました。

 Gotong Royong(ワクチン民間自主接種プログラム)ワクチンに関しては、これまでに使用されるワクチンブランドは、シノファーム、カンシノ、スプトニク、およびアンフィ・ジフェイ・ロンコム<Anhui Zhifei Longcom>(中国製)です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。