Pakar Hukum Tata Negara Kritik Keras
Jokowi Dukung Prabowo Jadi Capres

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 08 Nov 2022 09:52 WIB


憲法専門家のビビトリー・スサンティ氏は、ジョコ・ウィドド大統領がプラボウォ・スビアント国防相を2024年の大統領候補として支援するのは、非倫理的行為をする事と考えています。

ビビトリー氏は、大統領候補になっても辞任しない閣僚をジョコウィは支持すべきではないと主張している。

彼女は、閣僚が辞職せずに大統領候補になれば、権限や予算を乱用する可能性があると評価した。

“これは非常に非倫理的なことだと思います。私の考えでは、ジョコウィ氏を強く批判しなければならない。”

と、ビビトリー氏は月曜日(11月7日)のCNNインドネシアTVの政治番組で語った。

ビビトリー氏は、少し前の憲法裁判所(MK)の決定が状況を悪化させたと評価した。

憲法裁判所は、閣僚が辞任することなく副大統領に立候補することを認めています。

彼女によると、そのためにジョコウィ氏は、ますますこのような非倫理的な面を見ることができなくなっているという。

ジョコウィ氏と憲法裁判所の支持によって、かえって国民に害が及ぶことを懸念しています。

「選択は、国民に委ねられ、大臣と副総裁という二足のわらじを履く、ジョコウィ氏のもとで「役人」としての彼の振る舞いを見守ることになるのです。

ビビトリー氏は、「(ジョコウィは)とてもとても寛容になるだろう」と続けた。

最初から非常に非倫理的であった。」

同じ日に、大統領府の主席専門家アリ・モクタル・ガバリン氏はビビトリー氏の発言を否定した。

ジョコウィ氏の発言は普通だと。

ガバリン氏によると、ジョコウィ氏はフォーラムでプラボウォ氏を賞賛する声明を出しただけだという。

ジョコウィ氏にはプラボウォを大統領候補として推薦する権限はない、と。

“リップサービス “ではなく、”当たり前のこと “を。

結局、大統領に次の大統領候補を決める権限はない」とガバリン氏は言う。

以前、ジョコウィは次の大統領選挙はプラボウォの番だと言った。

2014年と2019年の大統領選挙に勝利した経験を語る際に、このように伝えています。

“大統領選でも2回勝利。プラボウォさん、ごめんなさい。この後はプラボウォ氏の番だと思われる」。

ジョコウィ氏は月曜日(11月7日)、ジャカルタのMNCタワーで行われたペリンドの周年記念のピークでこう語った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。